ひかりTVに約9年加入している僕の感想(リモコン操作編)。

ひかりTVのリモコン ひかりTVのいいとこ・そうでもないとこ

ひかりTVに加入して約9年。その間、僕が感じた「よかったところと思うところ」「そうでもないところ」を率直にまとめてみました。今回は「リモコン」に関することです。

ひかりTVのリモコンって、こんなの。

ひかりTVのリモコン
ひかりTV専用のリモコン

ひかりTVのリモコンはちょっと小ぶりです。

テレビについていたリモコンよりも、今はこちらのリモコンの方をメインに使っています。

テレビについていたリモコンは、画面の明るさなどの設定をするときか、YOU TUBEを観るときくらいしか使わなくなりました。

このリモコンは借り物らしいので、ひかりTVを解約するときはチューナーと一緒に返却しないといけないそうです。

地デジもBSも、録画リストも、このリモコンで操作します。

基本的にはこのリモコンひとつで操作が完結

リモコンには「地デジ」「BS」「ひかりTV」の切り替えボタンがついています。

テレビを観るときは、この3つのボタンからいずれかを選ぶ→「番組表」ボタンでチャンネルを選ぶ、という流れになります。

(ちなみに『WOWOW』を観るときは、「ひかりTV」ではなく「BS」を選択)

我が家の場合、ひかりTVのチューナーはHDMIで「入力1」につないでいます。

もしプレステやSWITCHで他の「入力」を使用している場合は、「テレビ入力切替」ボタンで切り替えを行います。

最初、これが少し面倒に感じました。

チューナーは常時ON。でないと、まどろっこしい。

というのは、ひかりTVに入る前は、テレビを観たいときはテレビのリモコンで電源を入れたら、すぐに観られたわけです。

しかし、ひかりTVはチューナーを通して全ての番組を観るため、テレビの電源だけでなく、チューナーの電源も入れる必要があります。

チューナーの電源は常時ONにしていないと、まどろっこしく感じるでしょう。

チューナーの電源を入れる→テレビの電源を入れる、という手順を踏むと、テレビを観るまで5秒ほど(感覚値)かかります。

地デジ⇔BS⇔ひかりTVの切り替えのタイムラグはありません。

いちおうリモコンアプリもあります。

アプリで「ひかりTVりもこんプラス」というものがあります。

このアプリ、僕は全然使っていなかったのですが、今回iphoneにインストールしてみました。

結論から言うと、リモコンが増えるのがいやで、なおかつ、いつも手元にスマホがある人であれば使えるかもしれません。

ただ、テレビの電源を入れることはできないので、そういった意味でも常時チューナーの電源を入れておかないと、やはり少し手間ですね。

アプリ内から録画や視聴予約ができることになっておりますが、動作が少し不安定のようです。

音量の上げ下げもできなそうですね。

とうことで、今のところは、普通にチューナーのリモコンでいいかな…。

りもこんアプリについては、今後、改善されていくことに期待しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました